ムービー

【大ファンが語る】ハリーポッター全シリーズ|徹底解説記事マップ

《動画配信サービスの無料体験で動画を見まくろう!》

⬇︎動画+雑誌・漫画を楽しみたい!
▶︎FODプレミアム詳細
⬇︎映画・ドラマ・アニメはもちろん。日本バラエティも豊富にある!
▶︎Hulu詳細
⬇︎圧倒的な格安で動画以外も凄い!
▶︎Amazonプライムビデオ
⬇︎日本No.1の動画本数を誇る!新作もある!31日間無料
▶︎U-NEXT

ハリーポッターシリーズについて知りたい方向け。

当記事では、ハリーポッターシリーズの全シリーじをまとめました。限りなく網羅的にまとめましたので、ハリーポッターに今興味を持っている方は是非ご覧ください。

記事を書いている人について

この記事を書いている私、kaisei(@Kaiseiblog)はハリーポッターシリーズの大ファンです。

本、映画さらにはハリーポッター展など数々のハリーポッターに関連することについては顔を出しているので信頼性を保証しますっ!

ハリーポッターの呪文とは

ハリーポッター

ハリーポッターシリーズには沢山の呪文が登場します。

呪文と言っても沢山ありすぎて分からなくなってしまうので、呪文+呪文の解説という形でそれぞれの記事に書いています。

呪文の意味がわかった上で映画を見るとより楽しむことができますよ!

ハリーポッターの順番

ハリーポッター

ハリーポッターシリーズの順番は以下の通りです。

  • ハリーポッターと賢者の石詳細
  • ハリーポッターと秘密の部屋詳細
  • ハリーポッターとアズカバンの囚人詳細
  • ハリーポッターと炎のゴブレット詳細
  • ハリーポッターと不死鳥の騎士団詳細
  • ハリーポッターと謎のプリンス詳細
  • ハリーポッターと死の秘宝Part1詳細
  • ハリーポッターと死の秘宝Part2詳細

ハリーポッター映画は作品が多いので見るのが大変かも知れませんが、1度見たら止まりませんよ〜

全シリーズを完全理解するためには…

ハリーポッターシリーズは初めて見る人にとっては、理解するのが少し難しい部分もあります。

もちろん下記のボタンから飛べる僕の記事を読んでいただければ、理解できるはずなのですが、もしそれでも理解できなかった場合は次のシリーズに行く前に必ずやって欲しいことがあります。

それはメモをしておくことです!

ハリーポッターではたくさんの伏線が登場するため一場面一場面が非常に大切な場面となっています。

1つでも見落としがないように、「あ!ここ大事そうだぞ!」と思ったらメモしておくと後々最高に面白く感じると思いますよ!

もしそれでも分からない場合は本を読もう!

もし上記の方法で別のシリーズに行った時によく分からない状況になってしまうのでしたら、本を読むことをオススメします!

正直行って、ハリーポッターは映画よりも本の方が面白いと思います笑(世界で2番目に売れている本ですから!)

今なら安く買えたりもすると思うので、1巻から読んでみてください。止まらなくなります。

 

ハリーポッターと賢者の石

【大ファンが語る】ハリーポッターと賢者の石|解説と呪文

ハリーポッターと賢者の石はハリーポッター映画の記念すべき1作目の映画です。

ハリーをいじめるハリーの家族のダーズリー家にも注目です。(スカッとしますよ笑)

見どころ!

・ハリーがまだ幼い!

・魔法学校の入学が初々しい

・初の魔法にハリーと同じ気持ちになれる!

ハリーポッターシリーズを見る人は欠かせない作品となっています!

ハリーポッターと秘密の部屋

【大ファンが語る】ハリーポッターと秘密の部屋|解説・呪文

ハリーポッターと秘密の部屋はハリーポッター映画の2作目の映画です。

ハリーが初めて屋敷しもべ妖精ドビーと対面する作品です。

ハリーポッターと秘密の部屋では、ハリーポッターシリーズの悪役ヴォルデモートの子供時代の姿が登場するシーンもあります!

見どころ!

・ヴォルデモートの昔を知る事ができる。

・ドビーが可愛い!

・ミステリアスな雰囲気がする…

ハリーポッターと死の秘宝(ハリーポッターシリーズ最終章)でも大切になってくるシーンが出てくるのでお見逃しなく!

ハリーポッターとアズカバンの囚人

【大ファンが語る】ハリーポッターとアズカバンの囚人|解説&呪文

ハリーポッターとアズカバンの囚人はハリーポッター映画の3作目の映画です。

この作品では新しい登場人物が沢山登場します。

またディメンターという吸血鬼から自分の身を守る呪文が登場するのですが、この呪文が後々とても大事になってきますよ…

見どころ!

・守護霊を出す!

・新しい先生がかっこいい

・ハリーが学校に行けなくなる!?

ハリーポッターと不死鳥の騎士団で不死鳥の騎士団となるメンバーも登場するので覚えておいてください!

気になる方は下の記事を参考にしてみてください。

ハリーポッターと炎のゴブレット

【大ファンが語る】ハリーポッターと炎のゴブレット|解説&呪文

ハリーポッターと炎のゴブレットはハリーポッター映画の4作目の映画です。

僕はこの作品がハリーポッターシリーズの中でもトップレベルに怖い作品だと思っています。ホラーが好きな人にはオススメかもしれません…

ヴォルデモートがこの作品で復活してしまうことは秘密にしておきます…

見どころ!

・他の学校の登場

・運動会みたいなイベントが行われる!

・呪文の撃ち合い!

この物語がハリー達の生活を大きく変える事になるのでしっかりと目に焼き付けておいてください!

気になる方は下の記事を参考にしてみてください。

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

【大ファンが語る】ハリーポッターと不死鳥の騎士団|解説&呪文

ハリーポッターと不死鳥の騎士団はハリーポッター映画の5作目の映画です。

僕がハリーポッターシリーズ中で1番好きな作品です。この作品は他の作品に比べ、圧倒的に呪文の撃ち合いが多いのに加え、僕の1番好きな登場人物であるルーナ・ラブグッドが登場するので最高です!!

ルーナラブグッドについては下の記事でも書かせていただいたので、是非参考にしてみてください。

見どころ!

・ダンブルドア軍団の結成

・昔の嫌いな先生を思い出す登場人物が登場する(笑)

・ロンの兄弟が最高すぎる!

ヴォルデモートが復活してから初の物語なのでなかなか熱いですよおおおお!

気になる方は下の記事を参考にしてみてください。

ハリーポッターと謎のプリンス

【大ファンが語る】ハリーポッターと謎のプリンス|解説&呪文

ハリーポッターと謎のプリンスはハリーポッター映画の6作目の映画です。

ハリーポッターと謎のプリンスの主人公はハリーとダンブルドアと言っていいほど、ダンブルドア先生に注目される作品です。

この作品はハリーポッターと炎のゴブレット以来のバッドエンドストーリーなので、ハッピーエンド好きには苦しい作品かもしれません…

見どころ!

・ダンブルドアとハリーの絆

・半純血のプリンスの呪文が強い!

・ロンとハーマイオニーの恋の行方は?

いよいよヴォルデモート率いる悪の魔法使い達が世界を覆うようにして動き始めます!

ハリー達はどうなってしまうのでしょうか?

気になる方は下の記事を参考にしてみてください。

ハリーポッターと死の秘宝Part1

【大ファンが語る】ハリーポッターと死の秘宝Part1|解説&呪文

ハリーポッターと死の秘宝Part1はハリーポッター映画の7作目の映画です。

ついにハリーポッターシリーズ最終章の前編です。

ハリーポッターシリーズ最終章の前編では、ハリーとハリーの大親友2人(ロン、ハーマイオニー)がヴォルデモートを倒すためにひたすら冒険をする物語です。

冒険していく中で今まで苦楽を共にしてきた仲良し3人組の最後の大冒険です。

見どころ!

・3人の絆

・3人に送られた贈り物

・日々出続ける死人…

ハリーポッター死の秘宝では多くの死人が出てきます。必ずハンカチやティッシュをお忘れなく!

気になる方は下の記事を参考にしてみてください。

ハリーポッターと死の秘宝Part2

【大ファンが語る】ハリーポッターと死の秘宝Part2|解説&呪文

ハリーポッターと死の秘宝Part2はハリーポッターシリーズの最後の作品です。

今や悪の魔法使いに乗っ取られてしまったホグワーツ城が舞台となっています。

今まで共にホグワーツで仲良く頑張ってきた仲間達も登場するかもしれません!

見どころ!

・ヴォルデモート対ハリー

・ホグワーツの戦い

・友情、愛

僕はこの作品は5回以上見ました。

何と言っても最後のシーンで心が踊らないシーンはきっといないはずです。絶対に後悔しないと思うので是非見てみてください

ハリーポッターと死の秘宝Part2は今までハリーポッターシリーズを全て見て来た人が観ることをオススメします!

気になる方は下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

ハリーポッター

先日こう言ったツイートをしました。

わかりにくく過ぎて誰も反応してくれなったのですが…汗

僕はハリーポッターシリーズを観て何度もホグワーツに通いたいなと思いました。

ホグワーツ城に通ったら、必死で魔法を勉強するのになあと何度も考えました。

でもしばらくして気づいたのです。我々が今生きている世界だって、昔の人から観たらハリーポッターの世界状態です。科学の力が発展して今習うことは昔の人にとっては魔法のようなことです。

この魔法の力を学ぶかどうかはあなた次第なのです。さあ、あなたも僕と共に魔法を勉強しましょう!

本日は以上です。

スポンサーリンク

-ムービー
-,

© 2020 kaiseiblog Powered by AFFINGER5