ムービー 大学生×遊び 海外

ハリーポッターと炎のゴブレット|解説&呪文

今日はハリーポッターと炎のゴブレットの感想や注目するべきポイントを伝えていきたいと思います。(2分ほどで読了可能)

  • ハリーポッターと炎のゴブレットの内容か知りたい人
  • ハリーポッターと炎のゴブレットのポイントを知りたい人
  • ハリーポッターと炎のゴブレットを今すぐみる方法を知りたい人

上記の人向けに書いていきます。

全シリーズ
ハリーポッター全シリーズ 徹底解説記事マップ

続きを見る

無料トライアルでハリーポッターを観る!<U-NEXT>

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

あらすじと制作情報

出典:Amazon

ホグワーツ魔法魔術学校の4年生になったハリー・ポッター。ホグワーツとは別の魔法学校も参加する試合が開催されるが、、、ハリーもその試合に参加することになってしまう…

出典:Yahoo!映画

 

監督 マイク・ニューウェル
原作 J・K・ローリング
製作年度 2005年年
上映時間 157分
製作国 アメリカ
ジャンル ファンタジー アドベンチャー
キャスト ダニエル・ラドクリフ 他

 

ハリーポッターと炎のゴブレット|解説

感想

ハリーポッターと炎のゴブレットで注目するべきポイントを語っていこうかと思います。

  • ハリーポッターシリーズ四作目
  • 遂に例のあの人が復活!?
  • ホグワーツ以外の大学も登場!

上記の事を解説していきます。

ハリーポッターシリーズ四作目

数あるハリーポッターシリーズの四作目の映画です。

後から出演する人たちも数多くいるので見が離せません!

  • 炎のゴブレットとは?
  • 死喰い人とは何者か?
  • 例のあの人の存在

このようなことが分かってくると思います。

遂に例のあの人が復活!?

例のあの人

詳しく書いてしまうとネタバレになってしまうのでいう事ができませんが…「例のあの人」が復活してしまうかも!?

例のあの人とえば皆さんならお分かりいただけますよね…?

ハリーと例のあの人には不思議なつながりがあるようで…この先はぜひ自分の目でお確かめください!

見逃し厳禁ですよ!!

ホグワーツ以外の大学も登場!

実は今作では、ホグワーツ魔術学校以外の魔法学校も出てきてくれるのです!(これは熱いぞ!)

それぞれ紹介していこうと思います。

  • ダームストラング
  • ボーバトン

 

ダームストラング

ダームストラング

ダームストラング校はいかにも男子校!って感じの大学です。

ビクトールクラムを始めとした屈強な男たちの魔法学校。

そして実は、現在映画化されているファンタスティックビーストに登場するグリンデルバルトの出身校でもあるんです!
気になる方はチェックしてみてください…

ボーバトン

ボーバトン

ボーバトン校の方はダームストラングと真逆のイメージで「ザ・お嬢様学校」という感じです。(可愛らしいですね)

背がアホみたいに高い校長先生がものすごく印象的です。

ボーバトン校の人たちは全ての魔法がキラキラしていて、ちょっと無駄があるなと思いました(ごめんなさい)

炎のゴブレットに出てくる|呪文

呪文

ハリーポッターと炎のゴブレットで登場する呪文をできる限り書いていこうと思います。

  • レダクト(粉々にする呪文)*心には使えません
  • アクシオ(物を手元に持って来させる呪文)
  • エクスペリアームス(武器解除の呪文)
  • レラシオ(離させる呪文)*口に出していない
  • モースモードル(悪の印を出す呪文)*口に出していない
  • プライオインカータート(直前に出た呪文を出させる呪文)*本のみ
  • アセンディオ(上に上がる呪文)
  • ペリキュラム(赤い線香をあげる呪文)*賢者の石でも使用

こんな感じです。

本の方も忘れずに呼んでくださいね?

まとめ

セドリック

やっぱり炎のゴブレットは少し怖いイメージがあります…。

ですが最も物語が動いた章といってもいいのではないでしょうか?笑

まだご覧になっていない人なんていないと思いますが、もしいたらぜひ見てくださいね!

本日は以上です。

スポンサーリンク

-ムービー, 大学生×遊び, 海外
-,

© 2020 kaiseiblog Powered by AFFINGER5