大学生×生活

【1年間の結果】大学の授業は楽しいのか?

どうも普通の大学生のkaiseiです。

大学生にこれからなる方々や将来大学生になる方は、「大学の授業って楽しいの?」という不安があると思います。実際に僕は思ってました。

僕は現在大学2年生で、大学生活を無事1年間終えることができました。

そこで本日はこれから大学生になる人なら誰でもきになる話題である、大学の授業は楽しいのか?という事について書いていこうと思います。

これから大学生になる人や大学の授業で悩んでいる人は参考にしてみてください!

 

結論:大学の授業内容や先生にもよる

結論:大学の授業内容や先生にもよる

結論を言うとぶっちゃっけ大学の授業内容や先生によると思います。

これに関しては、大学での授業の選び方でも紹介しているのですが、自分が興味ある内容の授業だったり、人気で面白い先生の授業であればものすごく面白く感じてしまいます。

授業の難易度に関わらず、大学の授業を楽しめるかどうかは授業を選択する際にほとんど決まってしまっています。

ただもちろん大学の授業選択後に楽しむ方法もあると感じています。

 

そこで、僕が1年間通ってみて、授業が楽しめる方法を考えてみました!

 

大学の授業を楽しめるパターン3つ

自ら大学の授業を楽しめるようになるパターンが3つほどありました。。。

そちらを紹介しておこうと思います!

パターン1:授業の内容を少し知っている

パターン1:授業の内容を少し知っている

1年生の場合、必修の授業などが多いと思います。

僕の場合プログラミングの授業がたくさんあったのですが、TechAcademy [テックアカデミー]というプログラミングスクールにお金を出して行っていた事もあり、とても楽しみながらプログラミングの授業を受けることができました!

あらかじめ授業の内容を少しでも知っていると、授業に対する「わからない!」というストレスが全くなくなるので、自然と授業に前のめりの姿勢で挑めるようになってきます。

わざわざ予習をするのがめんどくさいという方でも基礎を学んでいるだけで全く違うので、ぜひ試してみてください!

ちなみに僕は、授業でプログラミングができる!とドヤ顔をしていたのですが、途中からチンプンカンプンになってしまい恥ずかしい思いをしてしまったので、皆さんも少し勉強したからといってドヤらない方がいいと思います笑

 

どんな勉強しておくべきか分からない…

どんな勉強をしておくべきかが分からない人も多いと思います。

僕の場合、大学の学部が情報系だったのでプログラミングを学ぶという選択肢をすぐに取る事ができましたが、自分の大学の学部がどんな勉強をするかまだまだ分からない人も多いと思います。

そんな人にオススメしたいのは、スバリ…

英語

です。

ちなみに僕は全くできません笑

英語はどんな学部に行く人にとっても、必ずやくに立つものです。

英語を自由自在に使いこなせるようになるだけで完全に世界が変わると思います。

僕自身も英語が喋れるようになりたくて、海外の人に「どうやったら英語が喋れるようになるか」というのを質問した事があります笑

気になった方はその記事もご覧になって見てください!

 

パターン2:授業で大学の仲間を作る!

パターン2:授業で大学の仲間を作る!

大学の授業は稀にグループワークの授業があったりします。

そこで新しい仲間を作ることによって、大学内での友達が増える上に授業が楽しくなってきます。

仲間と授業について討論しあったり、本当はダメですが仲間と喋るために授業に無意識に全て出席していたりなど授業にプラスの気持ちを持ち始めます。

また選択の授業の場合、他の学部も取れる授業があったりして別の学部との交流にもつながります。

最近はオンライン授業になってしまい、友達を作るのは非常に難しいかもしれませんがSNSなどを駆使して友達づくりをすれば、大学の授業も楽しくなること間違いなしです!

kaisei
オンライン授業の1年生は本当に大変だよね…

僕はオフラインでも友達できなかったのに…(あれ?)

 

パターン3:大学の教授(先生)と仲良くなる

パターン3:大学の教授(先生)と仲良くなる

これが1番いい大学の授業を楽しむパターンだと思います。

僕も超絶苦手な「英語」が大学の授業であったのですが、先生が本当に良くして下さり、嫌いだった英語の授業に行くのが自然と楽しみになってきたのを覚えています。

また先輩の話によると、教授や先生と仲良くなるとゼミや研究室、さらには大学院までも変わってくるということです。

もちろん戦略的に教授や先生と仲良くなるのもアリだと思いますが、本当に面白そうだと思った先生に勇気を出して喋りかけてみると、案外良い先生でこれからの授業が楽しくなるかもしれませんよ?

少なくとも僕は死ぬほど楽しくなりました笑

 

このように大学の授業を楽しむ方法はたくさんあります。ここに書かれていること以外ももしかしたらあるかもしれませんよ…

大学の授業は「勉強」か?「学び」か?

勉強」と「学び」の違いについては先ほど紹介した大学での授業の選び方でも書かせていただいたのですが、果たして大学の授業は「勉強」なのでしょうか?「学び」なのでしょうか?

 

「勉強」をしてきた僕らが「学び」で楽しむ

「勉強」をしてきた僕らが「学び」で楽しむ

 

僕らは高校生まで基本的には正解のある問題を解かされ続けてきました。

1 + 1 は?

と聞かれたら

2!

と答えてきました。

しかし大学の授業では証明できれば1 + 1を3にしても良い場所なのです。

授業で与えられた議題に対して正解のないものがほとんどで、あとは自分で考えるだけなので、面白い視点でいかに見れるかが重要なのです。

 

kaisei
まあ、それができたら僕も苦労しないんですけどね笑

 

大学の授業を楽しむことにも繋がってくるのですが、いかに物事を面白い視点で見ることができるか?というのが鍵になってくるでしょう!

常にどんなものでも楽しむことができるような目を持てるようにしていくのがベストですね。

 

まとめ

まとめ

 

大学の授業というのは如何せんサボりがちです。僕もしっかりと授業の内容を聞いていない場面がたくさんありすぎて数え切れません、、、

しかしそんな人たちこそ、大学の授業の面白いポイントを見つけて探してみるのもいいかもしれませんね!

このように大学の生活について色々な記事を書いています。下記のボタンから別の記事もご覧になってみてください!

スポンサーリンク

-大学生×生活

© 2020 kaiseiblog Powered by AFFINGER5