ビジネス

【厳選】大学生が投資の勉強をするにオススメの本10選【全て読んだ】

どうも普通の大学生kaisei(@kaiseiblog)です。

皆さんは「投資」と言うものを勉強したことがありますか?
また「投資」を学び始めたいと思ったことはないでしょうか?

僕は昔「与沢翼」さんと言う人に憧れて、投資を勉強したことがあります。なんならFP(ファイナンシャルプランナー)資格まで取得してしまったほどです。(結果、投資で大富豪になる夢の現実を知りました笑)

大富豪の人で投資をしていない人がいないと言うところからも分かる通り、投資を学習するのはとても重要なことです。

大学生のうちに、投資について学ぶことは将来必ず役に立ちます。

そこで今回は投資について勉強しようと思っている大学生に向けて、実際に僕も読んだ投資の勉強をする上でオススメの本を10冊紹介したいと思います!

最後までこの記事を読んでいただければ、初心者でも投資をする上で大切なことだったり投資のテクニックをどう学んだらいいのかが分かる本にめぐり合うことができますよ!

 

投資ってなに?

そもそも投資というのは一体何なのでしょうか?

僕は、

自分の持っているものを、後々のリターンを見越して、誰かを応援してあげたり自分に使ったりすること

だと思っています。

友達
いや説明下手かよwwww

まぁ深く追求しすぎると、余計わかりにくいのである程度絞っていうと

お金がお金を産む仕組みを作る

ということでしょうか?

投資の方法は以下のように色々ありますし、これ以外にもたくさんあります。。。

  • 株式投資
  • FX
  • 仮想通貨投資
  • 不動産投資
  • 純金投資

 

ここでは書き出しませんでしたが、「自己投資」と言いうものが一番大事なのは皆さんも分かると思います。

大学生の投資勉強法

本をひたすら読む

本をひたすら読む

当記事でも紹介しているように、大学生のうちは本を読んでインプットしていくのが最も安全でいいです。

最近は、大抵の本をKindleで読めるようになったので、大人になってから一度読んだ投資の本をもう一度読み直すというのも悪くないです。

オススメの本はしっかりと、この記事で書いていくのでご安心ください!

 

実際にやってみる

FP資格を取ってみる

こちらはかなり勇気のいる行動です。

もし実際にやるにしても全て自己責任でやらなければいけません。投資の一番大事な部分でもあります。

しかし体験してみるというのは、かなり勉強になります。大学生の間に本を読んだことをそのままアウトプットできるのは後々かなり役に立つことでしょう。

ちなみに僕は、高校3年生の時に初めて株式投資をしてみて非常に勉強になりました。

その後も株式投資はし続けているのですが、コロナショックによって…

株式投資を実際にやる場合は、とても慎重に全財産を投資に回さないように気をつけてやりましょう笑

 

安価の講座を買ってみる

安価の講座を買ってみる

本を読むだけでは得られない事を学べる教材なんかもあるので、買ってみるのも悪くないかもしれません。

ただし!

投資に関しては、大学生に対して詐欺行動をする人が多いので騙されないめに、教材を買うとしたらここは安全できるというところを紹介しておきます。

それはアメリカのシリコンバレーに本社があるUdemyです。

実際に僕がそちらで、プログラミング教材を購入している記事もあるのでご覧になってみてください!

実際にUdemy講座ではしっかりとした投資のプロが、圧倒的な安価で教えてくれている教材ばかりです。

僕も投資の勉強をするためであれば、そちらを購入する場合も多々あります。

もし今から解説する投資の本を読んで大部分を理解したのであれば、Udemyの投資講座を買ってみて、実践してみるのも良いでしょう。

よく知っている人に聞いてみる

よく知っている人に聞いてみる

投資について詳しく知っている人は、Twitterなどを見てみてもたくさんいるはずです。

しかしTwitterなどのSNSは詐欺や危ない人たちばかりなので、実際に身の回りに投資について詳しく知っている人がいれば、その人に聞いてみるのもありでしょう。

また、その人が投資に関する仕事をしているのであれば、なおよいでしょうね。

 

FP資格を取ってみる

FP資格を取ってみる

皆さんはFP(ファイナンシャルプランナー)という資格をご存知でしょうか?

金融のことについて詳しくなる資格で、資格の中でもトップレベルに人気のあるものです。

このFP資格の学習をする上で、投資のことについて学ぶのは必須なので、投資を学びたい人はついでと言っては何ですがFP資格を取ってみるといいです。

(ちなみに僕も3級を取りましたが、ここだけの話簡単です。)

 

大学生が投資の勉強をするにオススメの本10選

すぐに10冊知りたい人用に、下記の方に10冊まとめておきました。(クリックするとAmazonのリンクに飛ぶことができます)

どれもとても勉強になる上に、とても分かりやすく書かれているのでぜひ参考にしてみてください!

下記には商品販売サイトの"Amazon","楽天","7net"などから商品を購入できるリンクが貼ってあります。

気になった方はそちらのページに飛んでいただければ価格の詳細などがお分かりいただけます。

1.金持ち父さん、貧乏父さん

出典:Amazon

 

もはや定番中の定番の本なので、知らない人は少ないと思います。

投資を勉強する上では欠かせない一冊であることは間違いありません。

金持ちの父と貧乏な父の違いをテーマに、どのような人がお金持ちになっていくかを描いた作品です。

現在はもう古い考え方が書かれている章もあったりするのですが、長年多くの人たちにバイブルと呼ばれている書物ですね

本の中には、株式投資のことや不動産投資のことについて金持ち父さんが深く言及しているので、参考になると思います。

 

ロバートキヨサキ

 

この本を書いた著者ロバート・キヨサキは同じようなシリーズをたくさん出しており、かなり投資やお金のことについて深く学ぶことができますよ!

2.マンガでわかる最強の株入門

出典:Amazon

 

こちらは、あの堀江貴文さんも推薦しているマンガ形式の株式投資の本です。

マンガであり、中のストーリーがすごく面白いためにどんどん読むことが可能になってくるという感じです。

物語に出てくる主人公が一生懸命に株式投資をやっている中で1つ1つ解説が出てくるので、まるで自分たちも一緒に成長している感じがしますね笑

 

最強の株 漫画

出典:Amazon

 

しっかりと、内容も細かく書かれており、株式投資には必須のチャートの読み方も分かりやすく書かれています。

株式投資をやらない人でも、株を知るにはぴったりの本です。

 

3.逆風の時でもお金を増やす125の知恵

出典:Amazon

 

こちらは世界で一番有名な投資家である「ウォーレンバフェット」さんの勉強になる言葉が125個書かれている本です。

 

ウォーレンバフェット 世界ランキング

出典:ライフコリア

ウォーレンバフェットさんはこの画像をみてもわかる通り、投資家としてとんでもない功績を残しており、投資家はもちろんのこと知らない人はほとんどいません。

そんなバフェットさんが大切にしていることや教訓を125個の文章にまとめてくれているので、大事なことを楽に吸収できてしまうのです。

せっかくなので、1つ特別に例を公開します!

愚か者でも経営できるビジネスに投資をしなさい。なぜなら、いつか必ず愚かな経営者が現れるからだ。

世界一の投資家から、投資をする上で大切な教訓を学びたい方は購入をオススメします!

 

 

4.ブチ抜く力

出典:Amazon

 

皆さんはこの本の著者である「与沢翼」という人物をご存知でしょうか?

一時期ネオヒルズ族というとんでもないお金持ちとして、何度もテレビに出ていたので知っている人も多いと思います。

 

与沢さんは株式投資で現在もお金持ちでありながら、長い期間を経て自分なりの投資に関するマインドを見出しています。

この本では、株式投資の細かな与沢さんのテクニックも伝授しているのですが、それ以上にマインドに関することを事細かに説明してくださっているので、与沢さんを知っている人は楽しく読むことができると思います。

また発売日がかなり最近ということもあり、より最新の情報が記載されている事もオススメできるポイントの1つになります。

より新しい情報を手に入れたい方にもオススメです。

 

5.1人の力で日経平均を動かせる男の力

出典:Amazon

 

これまたトンデモナイ人物です。

この本の作者は今まで顔を明かすこともなく、ほぼ架空の存在として言われていた伝説のトレーダーです。

そんな彼が本を出したことにより、大きく話題になりました。

題名の通り、彼がトレードして日経平均が動いたことがあり、それほどの力を持っているということです。

総資産は230億を超えているらしく、とんでもなく恐ろしい人物が本を出したものです…。

 

6.お金の大学

出典:Amazon

 

著者はYoutubeでも有名なリベラルアーツ大学の方が出された本です。

Youtubeやブログメディアでもかなり多くの情報を無料で提供している彼らの本なのでかなり期待が持てると思います。

株式投資やその他の金融投資についても詳しく書かれているのでおすすめです。

またこの本は、誰にでもわかるようにすることを目的として書かれているらしく、大変読みやすいですよ!

短期トレードなどではなく、主に資産運用を考えている人たちに大変オススメできる本です。

7.ピーターリンチの株で勝つ

出典:Amazon

 

全てのトレーダー(株式投資をやる人のこと)はこの本を読んでいることでしょう

株式投資のみならず、投資の全てが詰まった本です。

非常に長いので、読むのが大変なものの、この本を読むことによって投資の本質を知ることができるでしょう

ただ他の本とは違い、小手先のテクニックだけではなく、株式を買うとはどのような事なのか?またその考え方が投資にどのような影響を与えるのか?までを知ることができます。

そのように考え方までしっかりと先人から学ぶことができるのもおすすめポイントの1つです。

 

8.ファンダメンタルの教科書

出典:Amazon

 

もし今からでも株式投資をやるのだとしたら、この本がおすすめです。

会社の財務諸表などを読む解くヒントなどを事細かに明記してくれています。

もし株式投資について何も知らないのであれば、上記で解説した本のどれかを読んでからこの本を読むことをオススメします。

「教科書」と書いてあるますが、なかなか専門的なところまで踏み出しているのがおすすめポイントです。

 

 

9.ゾーン

出典:Amazon

 

株式投資を心理学の観点から読み解いた、超有名な本です。

株式投資において他のトレーダーはどのように、何を考えているのかをこの本から学ぶことができます。

他のトレーダーのしていることがわかれば、株式投資は非常に有利に進めることができます。

世界的に有名な投資本の1つです。

 

10.ウォール街のランダムウォーカー

出典:Amazon

 

投資の本の中で、1番と言っていい本で、永久不滅の投資に関する原則を余すことなく書いた本です。

ただ大学生には少し難しい本なのかもしれません

僕は大学1年生の時に読んだのですが、難しすぎてよく分からなかった記憶があります。

なのである程度、投資に対する知識がついてきた時に読むと、強い味方になるでしょう。

 

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

海外の大学生は、必ずと言っていいほど投資に関する知識を学ぶのですが、日本ではそれがありません。

だからこそ、僕たちは本を通して学ぶべきでしょう。

今回紹介した本以外にもためになる本があると思った方は、Twitterにて@kaiseiblogを飛ばしてくれると光栄です!

本日は以上です。

スポンサーリンク

-ビジネス
-,

© 2020 kaiseiblog Powered by AFFINGER5